消化器プロバイオティクスシンポジウム’03
日時: 平成15年4月18日(金) 午後1時〜
場所: 三井プラザホール(霞が関ビル1階)
東京都千代田区霞が関 3-2-5
 
特別公演
 座長 光山 正雄 (京都大学医学研究科微生物感染症学教授)
(1)乳酸菌の免疫活性DNAモチーフ
北澤 春樹、齋藤 忠夫 (東北大学大学院農学研究科)
(2)粘膜系Tリンパ球による免疫反応の調節機構
吉開 泰信 (九州大学生体防御医学研究所)
(3)経口免疫寛容状態にあるT細胞の細胞内情報伝達について
上野川 修一 (日本大学生物資源科学部)

一般演題
 座長 久保 千春 (九州大学医学研究院心療内科教授)
(1)乳酸菌およびキシリトール配合食品による口腔内環境の改善
鈴木 信之、中谷 恵理子、小久保 直美、太田 行則、
澤井 映里、石川 宏、平田 晴久、薗部 徹、野津 克忠
(わかもと製薬相模研究所)
(2)LS1を粉末状として使用した歯周病原菌推移の測定
中原 悦夫、野上 宏明 (協立歯科)
(3)Lactobacillus salivarius 2711 (LS1)によるPorphyromonas gingivalis 抑制効果について
中西 睦、大橋 良民 (フレンテ)
(4)ケストースのプレバイオティクス効果
相場 勇志、竹田 博幸 (わかもと製薬、ホクレン
(5)アレルギー予防に適したシンバイオティクス
澤井 映里、相場 勇志、鈴木 信之、小久保 直美、
中谷 恵理子、平田 晴久、野津 克忠
(わかもと製薬相模研究所)
(6)Lactobacillus gasseri OLL2716 (LG21)によるHelicobacter pylori 感染胃上皮細胞株のサイトカイン産生抑制
田村 明、木村 勝紀、小林 清志、竹友 直生
(明治乳業食品機能研究所)
(7)IL-18の産生を増強するプロバイオティクスと抑制性T細胞
辻 典子、ベルナデタ ノバック、
木元 広実、ラチコーバ ルドミラ
      (農業生物資源研究所生体防御研究グループ、
農業技術研究機構畜産草地研究所品質開発部微生物機能研究室
(8)腸管病原性大腸菌Internalization刺激はパイエル板の発達および
oral tolerance誘導に重要である
石川 裕樹 (東海大学医学部感染症学1)

主催 日本プロバイオティクス学会(理事長 古賀泰裕)
連絡先
TEL 0463-93-1121(内線2591,2595)
FAX 0463-94-2976
後援 東海大学医学部




戻る



Copyright (C) Japanese Society for Probiotics Science. All Rights Reserved.