プロバイオティクスシンポジウム’09
日時: 平成21年4月24日(金) 13:00〜17:30
場所: 三井プラザホール
東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル1階
シンポジウム「ウイルス感染に対するプロバイオティクス」
司会:東海大学医学部教授 古賀泰裕
 
1.) 東アジアにおけるインフルエンザウイルス感染症の現状
   盧亦愚(中国浙江省疾病予防控制中心)

2.) 自然免疫におけるウイルス感染認識機構
   竹内 理(大阪大学微生物病研究所自然免疫学分野)

3.) インフルエンザウイルス等に対するプロバイオティクスの研究
   保井久子(信州大学農学研究科機能性食糧開発学)
 
一般演題
司会:長崎国際大学薬学部教授 岸原健二
 

1.) Lactobacillus salivarius TI2711株による歯肉縁下プラーク中の歯周病原細菌抑制効果
   松岡隆史(株式会社 フレンテ・インターナショナル)

2.) Lactobacillus salivarius WB21およびキシリトール配合錠菓摂取による
    口腔内環境改善効果と口腔内常在菌への影響
   中谷清吾(わかもと製薬株式会社 相模研究所)

3.) H. pyloriに対するLactobacillus johnsonii No.1088と抗H. pyloriウレアーゼ卵黄抗体(IgY)の併用投与による
    相乗的抑制効果
   梅田浩二(株式会社 ゲン・コーポレーション 免疫研究所)

4.) 低用量アスピリン療法に伴う胃粘膜障害に対するプロバイオティクス株LG21の予防効果
   小林清志(明治乳業株式会社 食機能科学研究所)

5.) Lactobacillus gasseri OLL2716株の胃粘膜遺伝子発現に及ぼす影響
   高橋秀典(東海大学医学部感染症研究室)

6.) 腸内有害代謝産物が生体に及ぼす影響について
   土橋英恵(明治乳業株式会社 食機能科学研究所)

7.) 強力わかもと(GWT)のClostridium difficile感染に対する効果
   木村 基(わかもと製薬株式会社 相模研究所)

8.) OVA感作アレルギーモデル無菌マウスを用いたEnterococcus属死菌体による
    腸管免疫系応答調節
   鈴木義充(ニチニチ製薬株式会社)

9.) 乳児ビフィズス菌叢形成に与える母親の腸内Bifidobacterium breveの影響
   三上克央(東海大学医学部精神科学)

10.) アレルギー性鼻炎モデルに対するBifidobacterium bifidum G9-1の効果
   常峰 智(ビオフェルミン製薬株式会社 神戸研究所)
 
主 催 日本プロバイオティクス学会(理事長 古賀 泰裕)
連絡先TEL: 0463-93-1121 (内線 2591、2595)
FAX: 0463-94-2976
email: probio@m.med.u-tokai.ac.jp
学会HPhttp://www.probiotics.to


戻る



Copyright (C) Japanese Society for Probiotics Science. All Rights Reserved.