プロバイオティクスシンポジウム‘10
日時: 平成22年4月16日(金) 13:00〜17:30
場所: 三井プラザホール
東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル1階
シンポジウム「プロバイオティクス研究開発の新しい分野」
司会:慶応大学医学部名誉教授 石井博通
 
1.) Current Status of Probiotics in Thailand
(タイ国におけるプロバイオティクス研究開発の現状)
   Chaiyavat Chaiyasut, Ph. D., (Faculty of Pharmacy, Chiangmai University, Thailand)

2.) 脳腸相関から見たプロバイオティクスの展望
   須藤信行(九州大学大学院医学研究院心身医学)

3.) 高齢者診療におけるプロバイオティクスの可能性
   若月芳雄(京都大学大学院医学研究科加齢医学)
 
一般演題
司会:帝京科学大学生命環境学部准教授 前田康行
 

1.) 無菌条件がマウスのMarble-Burying behaviorに与える影響
   西野 良(東海大学医学部専門診療学系精神科学)

2.) Lactobacillus delbrueckii ssp. bulgaricus OLL1073R-1の産生する多糖体、本菌株で発酵したヨーグルトの免疫賦活作用
   牧野聖也(明治乳業株式会社 食機能科学研究所)

3.) 1−ケストースの上皮細胞間透過性の調節効果
   鈴木義充(ニチニチ製薬株式会社)

4.) Bifidobacterium bifidum G9-1のゲノム解析
   尾崎徹(ビオフェルミン製薬株式会社)

5.) Bifidobacteriumの母児間伝播に関与する環境因子
   高橋秀典(東海大学医学部感染症研究室)

6.) 食餌性肥満モデルに対する強力わかもとの効果
   窪田武士(わかもと製薬株式会社 相模研究所)

7.) Lactobacillus johnsonii No. 1088のコレステロール抑制効果
   相場勇志(スノーデン株式会社 開発情報本部)

8.) Lactobacillus salivarius TI2711株によるPorphyromonas gingivalis菌数減少とfimAの型との関連
   松岡隆史(株式会社フレンテ・インターナショナル)

9.) 和歌山県在住の小児におけるピロリ菌感染調査とLG21ヨーグルトによる除菌の試み
   小林清志(明治乳業株式会社 食機能科学研究所)

10.) H. pyloriに対するLactobacillus gasseri GL-752と抗H. pyloriウレアーゼ卵黄抗体(IgY)の併用摂取によるヒトにおける相乗的抑制効果の検証
   梅田浩二(株式会社ゲン・コーポレーション)
 
主 催 日本プロバイオティクス学会(理事長 古賀 泰裕)
連絡先TEL: 0463-93-1121 (内線 2591、2595)
FAX: 0463-94-2976
email: probio@m.med.u-tokai.ac.jp
学会HPhttp://www.probiotics.to


戻る



Copyright (C) Japanese Society for Probiotics Science. All Rights Reserved.